TopPage > アジアン布製品の素材・取り扱い方

▼商品検索

カテゴリから選ぶ
商品名を入力

営業カレンダー

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
定休日 出荷業務のみ
イベント店休
_

▼特集から選ぶ

_

お知らせ

 展示スペースについて

2015.6.10よりカパロロ、meelpeの一部商品の展示スペースを開設致します。
詳しくは下記をご覧下さい。

展示スペース

定形外郵便対象商品

一部商品について、定形外郵便での発送が可能となりました。対象商品一覧はこちら↓

定形外対象商品

ご注文時は、発送に際する詳細を必ずお読み下さい。

 商品価格改定について

一部商品において、原油価格の高騰及びアジア地域の賃金値上げに伴う商品価格の改定を今後随時行って参ります。
大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

新規会員様ご優待キャンペーン中(500pt進呈)


只今新規で会員登録を頂きましたお客様全てを対象として
カパロロポイント500ptをプレゼント!この機会に当店を是非ご利用下さいませ。 当店ポイントは1pt=1円で商品購入の際にご利用頂けます。

▼お問合わせ

定休日:土日祝日

営業日時変更はこちら

info@kaparoro.com

▼カパロロ情報

カパロロブログ イベント情報 ショップ情報

▼スタッフ日記

▼お買い物に関して

▼アジアン家具について

▼アジアン布製品について

▼お支払い方法

▼クレジットカード

▼セキュリティ

▼メルマガ

▼配送状況確認

お荷物の状況確認はこちら

_

アジアン布製品の生地

裂織り

【裂織り】

様々な布を裂いて、組み合わせて織り込んだ生地です。主な生産地はインドで、コットン布の他に民族衣装サリー布を使用した物などもあります。組み合わせにより色合いや肌触りが変わり、風合いを楽しめる人気の生地です。

刺繍

【刺繍】

民族それぞれ独特のデザイン、色、素材を楽しめる刺繍生地。全てが丹念な手作業により作られており、細やかで美しく仕上がった生地は大切に使って行きたい一品となります。糸だけでなくミラーや鈴などを使用した物もあり華やかで繊細なもが多いのも特徴です。

リサイクルレザー

【リサイクルレザー】

様々な革製品の加工の行程で出る無駄な部分の革を再利用し、新たな製品へと生まれ変わらせたレザーを言います。そのままの風合いを活かした物や染色をしている物などがあります。近年エコ素材としての需要が広がっている素材です。

イタワ

【イタワ】

インドを代表する手織りの生地で、北部イタワ村で作られています。ざっくりと織られた素朴な風合いが特徴で、軽くシャリ感のある生地感です。ベッドカバーやクロス類に多く使われておりアジアンファブリックでは定番生地です。

カディ

【カディ】

インドの手紡ぎの糸を手織りした布でカディコットンとも言います。手紡ぎの糸は「糸むら」があり、出来上がった布の特徴は風通しがよく吸湿性、速乾性に優れていて冬には暖かいと言う性質を持っています。

ジュート

【ジュート】

熱帯に生息するジュートという植物の繊維を織った生地です。ジュートは生産過程、製品自体の生物分解性から環境への負担が少ないECO素材として注目されています。素材の持つナチュラルな風合いと質感を楽しめる生地です。

フェルト

【フェルト】

羊など動物の毛の繊維を絡ませ布状にした物をフェルトと言います。保湿力、弾力性があり肌触りが柔らかいのが特徴です。近年では合成繊維を混合した物や合成繊維のみの物も増えています。

シルク

【シルク】

繭の蚕から作った繊維を使用した生地です。美しい光沢と滑らかな肌触りが特徴で、吸湿性・保湿性・放湿性に優れています。天然繊維のため静電気を起こしにくくホコリも寄せ付けないすばらしい生地として長く愛されています。

インド・アジア布製品のお取り扱いについて

自然素材をいかした商品ですので、素材・染料の特性上、多少の色落ちや縮みはありますが、洗濯やご使用されていくうちに落ち着いた風合いになっていきます。なお、織物の構造上、糸が偏って穴があいたように見えることがありますが、ご了承ください。

  • インド産の生地は、作業過程において染料などのにおいがついている場合がありますので、気になる方はご使用される前に洗濯されることをお勧めします。
  • 洗濯の際は色落ちする場合(特に濃色)がありますので、蛍光剤・漂白剤は避け、洗濯ネットを使用し、他のものと分けて、洗濯して下さい。風合いを長く保つ為に、なるべく手押し洗いをされる事をお勧めします。洗濯後は、濡れたまま放置せずに、型を整えて日陰干しをして下さい。
  • 強い摩擦、水、汗などにより、色が落ちる場合がありますので、衣服やベッドなどに色が移る場合もありますので、白物・淡色との組合せは避け、完全に乾いた状態でご使用下さい。