TopPage > アジアン家具の素材・取り扱い方

▼商品検索

カテゴリから選ぶ
商品名を入力

営業カレンダー

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
定休日 出荷業務のみ
イベント店休
_

▼特集から選ぶ

_

お知らせ

 展示スペースについて

2015.6.10よりカパロロ、meelpeの一部商品の展示スペースを開設致します。
詳しくは下記をご覧下さい。

展示スペース

定形外郵便対象商品

一部商品について、定形外郵便での発送が可能となりました。対象商品一覧はこちら↓

定形外対象商品

ご注文時は、発送に際する詳細を必ずお読み下さい。

 商品価格改定について

一部商品において、原油価格の高騰及びアジア地域の賃金値上げに伴う商品価格の改定を今後随時行って参ります。
大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

新規会員様ご優待キャンペーン中(500pt進呈)


只今新規で会員登録を頂きましたお客様全てを対象として
カパロロポイント500ptをプレゼント!この機会に当店を是非ご利用下さいませ。 当店ポイントは1pt=1円で商品購入の際にご利用頂けます。

▼お問合わせ

定休日:土日祝日

営業日時変更はこちら

info@kaparoro.com

▼カパロロ情報

カパロロブログ イベント情報 ショップ情報

▼スタッフ日記

▼お買い物に関して

▼アジアン家具について

▼アジアン布製品について

▼お支払い方法

▼クレジットカード

▼セキュリティ

▼メルマガ

▼配送状況確認

お荷物の状況確認はこちら

_

アジアン家具の素材

アカシア

【アカシアウッド】

アカシアはマメ科ネムノキ亜科アカシア属の常緑樹の総称とし東南アジア、オーストラリアなどに多く分布します。アカシアは硬質で燃えにくいのが特徴として知られています。また古代エジプトでは生命を表す神聖な木と称しエジプトの神々はアカシアの木の下で生まれたと伝えられています。

チーク

【チークウッド】

クマツヅラ科の熱帯性落葉高木。 美しい年輪と無塗装でもワックスを塗ったような光沢が特徴。 この光沢はチーク自体が防腐のために出す天然のオイルによるものです。
耐久性・耐水性に優れ、船舶の材料としても使われています。

ウォルナット

【ウォルナット】

ウォルナットはクルミ科の広葉樹で、世界3大銘木の一つに数えられている木材です。
深みのあるブラウンで、耐久性に優れており割れにくく加工性の良い材質として家具の材料としては特に評価されています。

シーシャムウッド

【シーシャムウッド】

シーシャムウッドは紫檀とも呼ばれるマメ科属の広葉樹です。硬く耐久性の高い木で、高級家具材やナイフの柄、古くから彫刻術材としても使われています。特に家具として使用出来る程の大木は少なくとても貴重で、美しい年輪を味わう事も出来る木材です。

パイン

【パイン材】

パイン材はマツ科で針葉樹の一種です。素材はやわらかく、加工が大変手軽な事から家具の素材として昔から世界各国で重宝されてきました。弊社が扱っているパイン家具は一枚一枚を丁寧に繋ぎ、反りや割れを防ぐのに優れた集成材を使用しています。

バンブー

【バンブー】

気候が温暖で湿潤な地域に生息し、アジアの温帯・熱帯地域に多い。通常、地下茎を広げることによって生息域を広げる。 竹は成長力が強く、ピークの時は1日で1m以上成長する。 乾燥が十分なされたものは硬さと柔軟さを備えており、さまざまな素材として利用される。その繊維を利用して紙も作られている。竹炭酢や竹炭としても利用されるほか、食材、飼料、建材としても用いられている。

ブリ

【ブリ】

ブリはフィリピン、マレーシア産の熱帯地域にのみ自生するヤシ科の一種です。フィリピン最大の「ヤシ」です。商品に組み込まれているのは、ブリの「強い葉の部分」で、日本の竹に似た感触があります。

ラタン

【ラタン】

ラタンは熱帯雨林地域のジャングルに自生する非常に生命力の強い植物です。日本名では一般的に「籐」と呼ばれています。 ラタンには約300種類あり、太いものや柔らかいものなど性質は様々。特に細いものなどは裂いて、編んだり巻いたりする材料として使われています。

アジアン家具の取り扱い方

長時間の直射日光や冷暖房の風が当たる場所や湿気、乾燥した場所でのご使用は反りやヒビ割れの原因となりますのでお避け下さい。また直射日光の場合は退色の原因にもなりますのでご注意が必要です。 これは高温多湿である東南アジアで製作されているアジアン家具の特徴でもありますがスチールやプラスチックなどの家具に比べ作り手の温かみやや「木」本来の温かみが感じられ、無機質な建物が多い現代社会からするとなんとも心地よい癒しの空間作りに欠かせないものです。
また、それほど面倒なお手入れが必要という訳ではありません。普段のちょっとしたお手入れや注意で家具の寿命を延ばし、すばらしいアンティーク家具へと育っていきます。


お家やお店に置いて頂く場所はどんな環境ですか?地域やお部屋によって、採光や空調などによってもかわる環境。
以下の注意事項は、急激な湿度や温度による変化をさけるため簡単にできるアジアン家具に優しい環境作りの方法です。

  • ・日光の直射や、エアコンの付近を避ける
  • ・加湿器や、濡れタオルなどで、湿度を一定に保つ
  • ・こぼした水分はすぐに拭き取る
  • ・ランチョンマットやコースターを使用し傷やカップの温度による変色を防ぐ


木材は家具として生まれ変わった後も何年も呼吸をくり返し行っています。そんな可愛いアジアン家具とお付き合いしていく上でトラブルを最小限に抑えるため上記の項目に注意してお取り扱いください。味わいのあるアジアン家具はお部屋をコーディネートするインテリアとしての要素もあり、良い状態で長くご愛用頂けることを願っております。
この他にお取扱いについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちら。